コーヒー豆の奥深さを垣間見る産地ごとの種類別の特徴

Biancaffeは、イタリアのカンパニア州の中で、ナポリに次ぐ「サレルノ」と言う都市にあります。 映画「アマルフィ」でその美しい海岸が注目されましたが、アマルフィ海岸のあるナポリから南へ約50kmほど下った、海と山に囲まれた都市です。 イタリアの豊かな自然環境の中で、コーヒーが製造されているんですね。そのBiancaffeで焙煎されているコーヒー豆について、詳しくご紹介していきます。

 

アラビカ豆の特徴

デリケートなため丁寧に扱う必要があり、酸味が特徴で日本人い人気のアラビカ豆は、南米のものを中心に、主に下記の5種があります。

ブラジル サントス ファイン カップ(Arabica Brasile Santos Fine Cup)

アラビカ ブラジル サントス ファイン カップ

サントスは、サンパウロ州、ミナスジェライス州、パラナ州のテイスターが選んだ高品質のもの。特徴的なコッパーグリーンの色と形をしています。
適量をブレンドすることによって、コーヒーに甘さとコクを与えるため、イタリア人に人気な品種です。

エチオピア(Arabica Ethiopia)

エチオピア アラビカ

エチオピアのアラビカ豆は、価値の高い豆。長方形で中~大型の粒、茶色に緑がかった豆は、酸味を持ち、フルーティーな品種です。

コロンビア スプリーム(Arabica Colombia Supremo)

アラビカ コロンビア スプリーム

コロンビアは世界第2位のコーヒー生産国の代表的なアラビカ豆の一つ。均一で大きく平らな粒の高級品種。アーモンドのような風味、強い香りと、中~強の酸味のある豆です。

エルサルバドル(Arabica Salvador)

エルサルバドル アラビカ

濃厚なクリームの甘さと、セージとレモンの豊かな香りの程よい酸味を併せ持つ、心地よく丸みのあるコクのあるボディ感で、高品質と評価される品種です。

ホンジュラス(Arabica Honduras)

アラビカ ホンジュラ

コクと香りのバランスを有し、エスプレッソブレンドに適したキャラメルの香りをもつ豆。

ロブスタ豆の特徴

Biancaffeは、カカオのコクがしっかり味わえるロブスタ豆も高級品種のものを扱っています。

インド(Robusta India)

ロブスタ インド

インド産で、世界最高のロブスタ種の一つ。色はライトブラウン、大粒で非常にフルボディで、少しスパイシーなチョコレート風味のする品種です。

インド - カーピ ロイヤル(Robusta India - Kaapi Royale)

ロブスタ インド - カーピ ロイヤル

厳選された非常に上質なコーヒーで、大きなカップで飲むのに適している。
優れたコクと密度、スパイシーな傾向のあるチョコレート風味を備えたユニークな品種。

ウガンダ

高山産の優れたロブスタで、スパイシーで少しウッディなフレーバーを与えてくれます。

豊富な種類のコーヒー豆を調合して、それぞれに香りや味を作っているんですね。

関連商品

当店では、Biancocaffeの商品を4つ扱っています。下記の2つ以外にも#2、#3がありますので、興味を持たれた方はチェックしてみてくださいね。

 

ブログに戻る

折りたたみ可能なコンテンツ

1 4