イタリアパスタはデュラム小麦セモリナ粉がポイント

もちもちのパスタが好き!と言う方に、ぜひ知っておいてもらいたいイタリアパスタを選ぶときの注目ポイントの1つをご紹介します。

パスタの食感や味を決めるのは小麦の種類

パスタの食感や味の決め手の1つとなるのは、使われている小麦の種類。風味だけじゃなく、ソースの絡み具合も使っている小麦とその小麦をどのように製法しているか?によって異なるんです。

デュラム小麦かどうか?に注目!

イタリアパスタを選ぶときに、注目してほしいのは、「デュラム小麦(Triticum durum)を使っているかどうか?」

デュラム小麦は、皆さんが想像する一般的な小麦とは違います。普通の小麦は軟質小麦と言われるもので、対してデュラム小麦は硬質小麦です。
字のごとく硬い粒で、高たんぱく質を保有する種類。たんぱく質が高い炭水化物というのは、チェックしたいポイントではないでしょうか。

デュラム小麦セモリナ粉とは?

デュラム小麦セモリナ粉は、硬質の小麦であるデュラム小麦から作られる特殊な粉です。

「セモリナ」というのは、イタリア語で「ふるい」を意味します。なので、デュラム小麦セモリナ粉は、デュラム小麦の粒の内部部分を挽いて、粗めのふるいにかけて作られます。この”粗目”のふるいによって、通常他の小麦粉よりも粒の粗い質感を持ち、それがパスタ製造において非常に重要な質感を生みだします。

デュラム小麦セモリナ粉を使ったパスタの特徴

デュラム小麦セモリナ粉は、粘り気がなくちもちで食感!栄養もいろいろ!ソースとの相性バツグン!美味しそうな色!という特徴があります。  

もっちもちで粘り気が少ないショートパスタ

ショートパスタに欠かせい要素と言って過言はない、歯ごたえ。デュラム小麦セモリナ粉のパスタの特徴は、しっかりとしたもちもち食感。イタリアではパスタはアルデンテで茹でるのが好まれますので、アルデンテを意識した食感を生み出し、しっかりと噛むことで小麦の風味を味わうことができます。

パスタなのに食物繊維やビタミンなどの栄養素を含有

パスタと聞いて気にする方が多いのは、炭水化物であるということ。糖質を制限されている方にはパスタを控えている、なんていう方もあるかもしれません。
そんな方にとってこのイタリアンショートパスタの嬉しいところは、タンパク質、食物繊維、ビタミン、ミネラルを含有しているという点もチェックポイント。炭水化物を構成するのは糖質と食物繊維ですが、食物繊維が多い分、糖質の量が少ないと考えることができるんですよ。

風味が豊かでパスタ自体のおいしさを味わえる

デュラム小麦セモリナ粉は、小麦の風味が豊かで、他の小麦粉よりもコクがあります。そのため、デュラム小麦セモリナ粉で作られたパスタはパスタ自体が風味豊かで、シンプルなソースでも美味しくいただけます。
また、ソースをしっかりと絡めることができ、ソースの味を引き立てる効果があります。

コイン型や葉っぱ型など特徴的な形のパスタ

デュラム小麦のセモリナ粉で作られたパスタは、目で見る食のおいしさも楽しませてくれるような、いろいろな形のものがあります。
まんまるのコインの形や、オリーブの葉の形、こよりのようなねじねじパスタなど、その特徴的な形のショートパスタなど。
おなじみのスパゲッティから少し変化を加えてみたいときなど、見た目で楽しませてくれます。

それは、通常の小麦粉よりも粒が粗く、たんぱく質が多いので茹でてもパスタが破れず、形が崩れにくい特徴によって、できるものなんですよ。 

デュラム小麦のイタリアンパスタ

ぷらっとイタリアでは、当店でしか買えないパスタを扱っています。気になった方はチェックしてみてくださいね。

オリーブの葉の形のパスタ「フォッリエ ドゥリーボ」

 オリーブの葉の形のパスタ「フォッリエ ドゥリーボ」

コイン型パスタ「クロゼッティ」

コイン型パスタ「クロゼッティ」

こよりのように作るねじねじパスタ「トロフィエ」

イタリアンねじねじパスタ「トロフィエ」

 

ブログに戻る

折りたたみ可能なコンテンツ

1 4