イタリアではピザはシェアしない?!現地で失敗しないピザの食べ方を紹介

日本ではピザは、何人かでシェアして食べるものというイメージが強いですよね。

ここで質問。本場のイタリアではどうでしょうか?

 

イタリアはピザは一人で一枚

実はイタリアでは、「ピザは一人で一枚を食べる」のが一般的な習慣。え?あのサイズを一人で?と、一枚を一人で食べきれるかしら??と不安になったりします。

4人だと4枚ってことですよね?テーブルがなかなかの迫力です。ちなみにこの写真は、店長ファミリーがイタリアに行った時の食卓です。

ピザが4枚並んだ

いろんな味を少しずつ味わうとかないの?なんて思ったりしちゃいます。でも一人一枚なら、人に遠慮せず自分好みのトッピングを思う存分食べれて、いいですね。

イタリアではピザは主食ではない?!

イタリアでは、ピザは前菜や軽食として食べられることが多いんです。いわゆるクリスピーなタイプの薄くて軽い生地で、直径30cm程度の一人で食べきるサイズとしてサーブされることが一般的です。

食べるときはフォーク&ナイフ

食べ方もまた日本とは違っていて、手で持って具がこぼれるのを「おっとっと」とか思いながら、ペロリとほおばるのが日本式ですが、イタリアではフォークとナイフで小さくカットしながら食べます。

ピザをフォークとナイフで食べる

 

イタリアでピザを食べるときの注意点

日本からイタリアを訪れた時に、シェアするのはダメなの?と思った方、大丈夫です。観光地や外国人向けのレストランなどでは、複数人で一枚のピザをシェアしてもOK。

ピザ以外のパスタや肉料理、魚料理などいろいろなお料理を、複数人のグループで注文するのは一般的になっていますので安心してくださいね。

ただ、郷に入っては郷に従えと言いますし、食べ方はフォークとナイフを使ってみると、現地気分がより味わえるかもしれません。

 本場イタリアでのピザの食べ方を紹介

 

日本でも朝から焼き魚なんて!?と驚く海外からの旅行者もいますので、国ごとの食文化は面白いですね。

 

ブログに戻る

折りたたみ可能なコンテンツ

1 4